先日の休暇が聖地巡礼をするのに都合が良かったので、ゆずソフト から昨年 (2019年) 12月に発売された 喫茶 (カフェ) ステラと死神の蝶 の聖地巡礼に行ってきました。

同ブランドのタイトルでは珍しく、作品に使われている背景は関西ではなく名古屋駅周辺に実在するものが多いです (TECH GIAN 2019年11月号 p.34) 。 また、同作品は2019年11月にとある洋菓子店の背景が無断した、と話題になっていました (神戸新聞NEXT|総合|アダルトゲームが人気洋菓子店「エス・コヤマ」外観を無断使用) 。

それはさておき、実際に行ってきた写真とポイントの紹介です。

大阪大学 豊中キャンパス

大阪大学 豊中キャンパス

主人公、昴晴くんやナツメさんが通っている大学です。

コムテックタワー (名古屋駅)

コムテックタワー (名古屋駅)

喫茶ステラの近くにある、よく出てくる背景です。

大名古屋ビルヂング前

大名古屋ビルヂング前

駅前の描写でよく出てくる背景です。 昂晴くんが最初に死んだ場所でもあります。


以下3つの背景は名古屋駅から離れています。名古屋駅から徒歩で歩けなくもないですが、30分から1時間前後かかるため、 地下鉄を利用することを推奨します (名古屋駅 -> 東山線 栄駅 -> 名城線 矢場町駅) 。

若宮八幡宮

若宮八幡宮 (実際の姿) 若宮八幡宮 (反転した姿)

ゲーム内で使われている背景は実際の背景を反転させたものです。 写真は2枚並べてありますが、上が実際の姿、下が反転させた姿です。 反転させないで使うと、立ち絵の向き的に都合が悪かった、などありそうです。

松坂屋 名古屋駅店

松坂屋 名古屋駅店

駅付近の描写でよく出てくる背景です。

ロフト 名古屋店内

ロフト 名古屋店内

ショッピングセンターの描写で出てくる背景です。 ちなみに、写真を取ったエリアは飲食禁止でした … なぜここでスムージーを飲んでいたのか。


雑記

大阪と名古屋の行き来には 近鉄のアーバンライナー を利用しました、名阪間を2時間ちょっとで結ぶ特急です。 通常であれば、普通運賃 2,410円 + 特急料金 1,930円 の合計 4,340円 (往復 8,680円) ですが、

  • 近鉄の株主優待券をなんば駅構内の 1,850円/1枚 で購入
  • 特急券を オンライン購入 (1,830円/1枚; 前日までに購入すれば更に安くなって 1,630円/1枚)

の合計 3,680円 (往復 7,360円) と普通の料金と比較し往復で 1,300円ほど安く乗ることができました。 大阪と名古屋の移動には近くの金券ショップで売っている株主優待券を強くオススメします。 浮いた 1,300円は移動中のアルコールときしめん、ひつまぶしに消えていきました。

近鉄の名阪間の特急には、今年 (2020年) 3月には ひのとり という新型車両が導入されるらしいので、 また新たな聖地が判明したら行ってみたいですね。