May 15, 2020

VALVE INDEX で快適なフルトラ環境を整えるには

TL;DR VALVE INDEX + VIVE トラッカー (2018) によるフルトラ環境を手に入れて 1 週間が経過した だいたい買い尽くした感はあるので「ゼロから快適なフルトラ環境を整える場合にはどのくらい費用がかかるのか」という日記 ついでに、これは今後買っておきたいな、というメモと共有 ただの散財日記 ただし、ここでは VR-Ready な PC や部屋 (住宅) を用意することは考慮しません (必要な費用が跳ね上がってしまうため) 。 どちらも、ゆくゆく用意していけばよいと思います。 なお、以下の価格は 買った際の値段 であり、状況によっては若干高低します。 商品名 ショップ 金額 VALVE INDEX ark \ 138,380 HTC VIVE トラッカー 2018 x3 ドスパラ \ 38,196 Rebuff Reality トラックベルト + 2 トラックストラップ Full Body Tracking VR Bundle Amazon \ 5,999 Anker PowerPort 10 Amazon \ 3,799 Amazon ベーシック USB Type-A to micro-B ケーブル x3 Amazon \ 988 ウォールフック x6 Amazon \ 2,099 3M スコッチテープ (ゴールド) Amazon \ 457 3M コマンドフック x10 Amazon \ 637 VALVE INDEX 用メガネフレーム DMM. Read more

May 5, 2020

Oculus Rift S と VALVE INDEX を買った

TL;DR 2020-03-13 2020-05-04 経緯 一部の Mastodon 界隈 (主に 末代 (mstdn.maud.io)) で VR(Chat) が流行りだし、 「私も買っちゃおうかな〜」となったのが終わりの始まりでした。 私のリアル友人 (今でもほぼ毎日交流がある) が HMD 所持しているのも、私の購入を後押しする一因でした。 レビューとか Rift S を 2ヶ月ほど、VALVE INDEX を 1日 (3時間ぐらい) 使ったレビューを以下に記載します。 なお、以下に書いてある内容は 筆者の主観および環境に由来するところが多い ため、 購入を検討する際の 1つとして留めていただければと思います (触った時間も違いますしね) 。 Oculus Rift S 解像度:まあまあ 装着感:メガネしていても良好 コントローラー:慣れると使いやすい、指 1本 1本はさすがにトラッキングできないので諦める必要がある 音:まあまあ 悪いと言ってた方もいたが、私はあまり気にならなかった 3.5mm ジャックにイヤホンを刺すとホワイトノイズが乗るのは気になったけど … その他: ドライバの不具合発生頻度がかなり高く、ストレスだった (これは PC との相性問題かもしれない) コントローラーの駆動源は単三電池 x1本 x2個 なので、充電池を用意しておくと良い HMD を乗り換えることを考慮するなら、ゲームソフトは Oculus Store で買わずに Steam で買ったほうが良い クロスライセンスみたいなのは無いので、買い直す必要が生じる これで私は Beat Saber を 2回買いました (これどうにかならんかな ……) VALVE INDEX 解像度:Rift S から乗り換えるとすごく綺麗に見える 装着感:メガネをかけていると窮屈、別途 VR 用のフレーム + レンズを導入したほうが良さそう コントローラー:手に巻きつけるタイプなので、ちょっとやそっとのことでは落ちないが、逆にそこが不満になることも 例えば、グラスに入った飲料を飲むときに、Rift S だと簡単にコップを手に取れたが、VALVE INDEX だとコントローラーを外す -> 飲む -> 再度装着 という行為が必要 音:かなり良い 耳元にスピーカーがあるのがその一因 ? Read more

April 24, 2020

Mastodon で使用するオブジェクトストレージサービスを変更した

私が管理している Mastodon のサーバ mstdn.owatan.jp で使用している、 オブジェクトストレージサービスを Wasabi から Amazon S3 に変更しました。 きっかけ Wasabi を Mastodon のメディアサーバー (サービス) として使いはじめて約 9ヶ月ほど経っていましたが、 以下のような不満点を抱えていました。 サーバは国内にあるが、Wasabi は国外リージョンしかないのでつらい 画像の GET/PUT にそこそこレイテンシが発生する たびたび障害で落ちてつらい 約 700円/月 ($6 ぐらい) で、安いと言えば安いが安いわけではない そこで、他のオブジェクトストレージサービスに変更しようかな〜と考えていたところ Amazon S3 を激推しされたので、移行先として S3 を選定しました。 また、Wasabi は使用したストレージ使用量にのみに課金がかるシンプルな課金体系 (トラフィックの in/out は気にしなくて良い) でしたが、 移行先の S3 はストレージ使用量に加え、トラフィック量にも課金がかかることから、これを低減するために CDN サービスとして さくらインターネット の ウェブアクセラレータ を採用しました。 この環境で、1週間ほど経過したので体感したことを書いてみます。 メリット 画像のアップロード/ダウンロードが早くなった 国外に置いてるサービスを国内に持ってきたため ドメインがサービス固有のものから独自ドメインに変更できた s3.us-west-1.wasabisys.com -> media.mstdn.owatan.jp 妥協ドメインじゃない ! Read more

December 20, 2019

2019年を振り返って

この記事は mstdn.maud.io Advent Calendar 2019 の20日目の記事です。 昨日は エセ賢者 さんで League of Legends 2019 世界大会雑感 でした。 私も結構 LoL をプレイしていました (~9.22) が、9.23 からのプレシーズンアップデートでついていけなくなり、 起動する頻度は格段に減っていってしまいました … 。 これが変化についていけない老害オタクとなる前兆なのでしょうか。 ちなみに LoL を観戦するのは非常に楽しいです (スポーツ観戦のような楽しさがあります) よ、プレイすることで観戦の楽しみも深まるのでぜひ。 ということはさておき mstdn.maud.io の方の中には初めまして、の方もいるかもしれません。 以前は @owatan@mstdn.maud.io にアカウントを所持していましたが、 今では個人鯖を立てて Mastodon をしています (@owatan@mstdn.owatan.jp) 。 どのような人となりかはプロフィールや最近の投稿、およびブログの過去記事を見ていただけるとわかるかなぁと。 さて、AdC になんとなく枠を取ってみたは良いものの、書けるネタがないな … と気づきつつ、それでも担当日は目の前に迫ってくるわけです。 「やべぇ!」と思いつつも何か書くネタは無いか … と考えたところ、普段日記を書かないので 「私自身の今年1年間を振り返りつつ、何か物事をオススメする」のは良いのではないか、と思ったのでそれを題材としてみます。 なお、私のメールボックスに入っていたメールやカレンダーを振り返りながらネタ探ししていたので、だいたい上から時系列順 (1月 ~ 12月) です。 転職活動していた 現職に就いて (執筆時点で) 5年経過し「そろそろ違う空気を吸うのも良いかなー」と思い、同業他社とエロゲ会社の計 2社の求人に申し込んでいました。 前者からは無事に内定をいただけたのですが、Web の募集要項と内定通知書に書かれていること (待遇) が違ったのと、 明らかに転職先に有利な (後からどうとでも理由をつけて待遇を下げることができる) 条件だったので、お断りしました。 このときに、私が慕っている人生の先輩に内定通知書を見せて相談に乗ってもらえることができたので良かったです。 後者は (無事に) 書類選考で落とされました。受かってても困っていたので、逆に良かったです。 Read more

January 30, 2019

版画を買った

というわけで 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - の CG を版画にしたものを買っていました。 OP で言うと このあたり です。 経緯 それは忘れもしない、去年11月に まどそふとLIVE 2018 のために東京に行き、 時間を潰すためになんとなく秋葉原に寄った時のことでした。 梱枝りこ先生の版画展は数日前に大阪で開催されており、何作品かはあったものの 購買意欲はそこまでそそられないなあ (そもそも買うつもりは最初から無かった) という状態でした。 また、他店舗で開催するためにあらかたの版画が搬出されている状態で、残っている版画のうちのほとんどが 既に見たことがある作品ばかりでした。 しかし、この日秋葉原で見た版画の中には2018年にしては異質なものが存在していました。 そう、それは6年以上前に発売された (私の中に強く印象に残っている) ゲームの CG を版画化したものです。 これに出会ってめちゃくちゃ悩みます。 だって2018年に6年以上前に発売されたゲームの新作アイテム (絵) が出るとは普通無いし考えられないじゃないですか。 これを逃すともう出会えないかもしれない、と心のどこかで思っていたこともあります。 そして担当してくれたスタッフの人が敏腕だったということもあり … 買っていました。 ひとまずは大事に箱の中にしまっておくことにします。 部屋に飾るのは壁に掛けられる準備が整ってから … 。

December 18, 2018

Ryzen 5 を買いました

TL;DR 気絶していたら何故か Tsukumo から Ryen 5 2600 が入荷したので受け取りに来てください、という連絡が入っていました。 下には ファイナルファンタジーXIV のベンチマークテスト を用いたベンチマークの結果も載せています。 詳細 現在使ってる CPU が Intel Core i5-6400 (2.7GHz) で、 CPU が壊れた (を壊した) 時に買った間に合わせ的なもの 相対的なスペックも劣るようになってきた (発売開始から約 3年経過している) ので、そろそろ買い替えたいと思っていた 買い換えようにも Intel の CPU が高すぎる (ので、コストパフォーマンスが良いと聞く Ryzen に興味を持った) そもそも Ryzen を使ってみたかった というわけで、Ryzen 5 2600 を買ってみました。 もちろん、現在使用しているマザーボードは使い回せないので、一緒に ASRock X470 Master SLI も購入しました。 ベンチマーク 環境は以下の通りです。 諸事情により、Ryzen 時のベンチマークは Windows をクリーンインストールした直後に行っているので、 厳密には対照実験ではありません。 PC パーツ マザーボード: MSI Z170A PC MATE vs ASRock X470 Master SLI CPU: Intel Core i5-6400 2. Read more

© 2020 owatan, Powered by Hugo & Kiss.